成婚STORY

お母さんも祝福!のんびり保育士さんが笑顔の成婚退会!

Fさん
  • お 名 前Fさん
  • 年 齢38歳
  • 職 業保育士
  • 活動期間1年5か月
  • 交際期間6か月
  • お相手の年齢42歳
  • お見合い回数27回
  • お相手の年収700万円台
初めてお会いした時から明るくハキハキして、理想的な保育士さんという印象でした。
0歳児クラスのリーダーを任されるほどです。

0歳児クラスというのは親への対応が大変で、なかには細かく報告を求めてくるお母さんもいます。
さらに、赤ちゃんは片時も目が離せませんので、0歳児クラスのリーダーは経験がある保育士が任されます。
そんな責任のある立場で生き生きと働くFさんの結婚の条件が結婚後も今の職場で仕事を続けさせてくれること、でした。
職場の保育士同士で仲が良く、待遇も良いので、結婚のために転職することは考えられませんでした。

活動序盤で仮交際が成立したのは6歳年上の私立高校の教員で年収1,100万円台の男性。
お互いお酒好きで、居酒屋デートが定番となりました。
しばらくしてお相手の担当者より真剣交際の意向があるとの連絡があり、Fさんも特に悪い印象ではないので…と受けることになりました。
ところが、真剣交際に入って1か月経とうとしていたころにお相手から交際終了の連絡がありました。
理由はFさんのお母さんでした。
Fさんのお母さんはとても厳しい方で、Fさんからお話を聞いているうちにうまくやっているける自信がなくなったそうです。

結婚はお互いさえ良ければOKではなく家族と家族の繋がりでもあるので、その先を見越して結論を出しました。
それをFさんに伝えると、Fさんの中でも結婚し対して前向きに考えることができないと考え始めていたそうで、逆にほっとしたところもあったそうです。

そこからしばらく相談所外で良い出会いがあり、活動をお休みしていましたが、破局し、また活動することになりました。

そんなときにFさんのもとに4歳年上の男性がお申し込みしてくれました。
優しそうな笑顔で、カウンセラーもつい「良いパパになりそう!」とコメントをつけてFさんに取り次いだほどです。

お見合いを受け、仮交際も成立しました。
Fさんははきはきした女性ですが、活動自体はのんびりして、「今すぐにでも結婚したい!」ではなく、どちらかといえば「良いご縁があれば結婚したい」タイプです。
ですので、仕事が忙しく会えない期間もあったり、飲み友達のようになってしまったり、自然と交際期間が長くなりました。
そんなFさんの婚活スタンスにもお相手男性が合わせていただき、少しずつFさんのなかで結婚が現実的に思えてきました。

結婚後も同じ保育園で仕事を続けたいことや、お母さんが少し厳しいことも伝え、全てを受け入れてくれ、結婚の意思が固まりました。

心配していたお母さんへの報告も、思いのほか喜んでくれたようで最後の関門を超えたことで成婚退会となりました。

何となく…で入会されたFさん。
決して結婚への意欲は強いほうではなく、少し時間もかかりましたが、最後にはこれ以上ない笑顔で成婚退会のお手続きに来てくださいました。